我的時間 - 電脳編

「我的時間」から電脳スピンオフ! アキバ、日本橋、大須でJUNKを楽しみ、時にパーツを海外から取り寄せちゃうトーシロ系電脳人

Tag:P772F

やっと、部品が揃いました!
04
中国からインテル Dual Band Wireless-AC 7260が届き、準備ができました!

今回の改造は、BIOSロック付きのlifebook P771Dのマザーボードを液晶ワレ、落下ワレなどボロボロlifebook P772FのUSB3.0付きマザーボードと入替える。バラしついでに、P771DとP772FにはBluetoothが付いていないので、元々の2.4/5GHZ 最大300Mbpsのwifi LANカードを外して、2.4/5GHZ 最大867Mbps+Bluetooth 4.0のWifi LANカードへ入れ替えパワーアップさせる計画です。
つまり、外見はlifebook P771D core i3仕様(底面仕様ラベルより品名FMVNP5CM)、中身は、 P772F core i5 + USB3.0付き、2.4/5GHZ 最大867Mbps+Bluetooth 4.0仕様の羊の皮をかぶったナンチャラ!?仕様ってことで、、、


このAC7260は、既に使ってるlifebook P772FとS762Eへにも入替えしてて、全く支障なしです!
と、表記すると「そっかーぁ、簡単にwifiやBluetoothのパワーアップ出来るんだーぁ」と思うでしょ?
残念!lifebook P系、S系に入替えポンではBluetoothが使えません。wifiモジュールにコチョコチョする必要があります。(他機種については、調べてください)
22
そのコチョコチョがこれ↑
端子右側(50番端子だったかな?)に赤くマークしてあるところが通電することによって、Bluetoothが使えなくなるので、ここを通電しないようにテープで絶縁すればBluetoothが使えるようになります。簡単でしょ?これで、wifiモジュールの準備完了です。

まず、液晶ワレ、落下ワレなどボロボロlifebook P772Fの分解
0030
バラバラにしたら、キレイキレイ
0936
440505
固まったグリスとFANのホコリとマザーボードのホコリも取り除いて、CPUをIC Diamond 7でグリスアップ!
211552
BIOSロック付きのlifebook P771Dをバラバラにした後にP771DとP772Fのマザーボードを見比べたら、、、ん??? はっけーんΣ(゚д゚lll)ガーン
んーん、ちょっと悩んだ結果、取り敢えず、P772Fに付いてたwifiモジュール AR5BHB116からDual Band Wireless-AC 7260へ入替えポン。
P771Dの腰下筐体にP772Fのマザーボードを入れたところで、衝撃を受けたところの説明を、、、
080335
P771Dの液晶からのコードコネクターが♂で、P772F側マザーボードの方のコネクターも♂なんで、接続が出来ん。。
当然のことながら、P772Fの液晶からのコードコネクターは♀で、P772D側マザーボードの方のコネクターも♀なんで、、、
ここで、P772Fの液晶からのコードも必要になるわけで、、、バラしましたよ。
もっとも、液晶が割れていたから、処分するためにバラす予定だったけれど、ココでバラすとは、、、(-_-;)

でも、ある意味、P7772Fのマザーボードだけを買わずに、本体ごと買ってたから泣かずに済んだよ。一応、マザーボードだけのつもりだったけれど、コードコネクターの件が発生したので、ほかに何か異なってるところがあるとマズイので、ごっそり入れ替えることにして、仮組みして、羊を被ったナンチャラ、イキマーす!
BIOS起動1035
問題なく、BIOSが起動して、一応、無線LANも認識して、一安心。

改めて、羊を被ったナンチャラにUSBをセットしてLinux mint起動!
032802
Linux mintで、問題なく文字入力もキーボードもOK!
AC7260も認識して、wifi電波受信、Bluetoothの確認も無事終了!

見た目は完全にCore i3仕様のLifebook P771Dなれど、中身は、Core i5仕様のBluetooth付き、USB3.0付きのLifebook P772Fです。

海外仕様のP772には、Core i7付きのマザーボードがあるけれど、現物を見ていないので、異なる部分があるのか、入れ替えポンで行けるのか判らないです(-"-;A ...アセアセ
もし、Core i7付きマザーボードが使えれば、羊の皮を被った狼になるのに、、、

まだ、HDDの容量を思案中。



PS
来週?次回?の、、、我的時間 電脳編は!どーも、にわかJUNKERです。ゴソゴソ自宅のパーツ箱を漁ってたら、買ったものの、放置プレーしてたサードパーティ部品を発見!良からぬ考えが浮かんできました。
さーて、来週?次回は?
@HDDを2台にしちゃうぞーぉ
@ハードオフで買った108円、21円スキャナーを最新OSで使えるようにしちゃうぞーぉ

の2本立てです。


んがんん

大阪の日本橋へ行った時にジャンクノートパソコンを漁っていたら、外装の程度の悪い、液晶ワレもあるlifebook P772Fを1台見つけた。
4651
価格は、税込み2999円
ジャンク理由の記載はなかったものの、見れば誰でも判る程度
0855
左側角落下ワレ、筐体変形。
2940
液晶ヒンジ左右ワレ、天板、裏面、塗装ハゲ。
2134
パームレストワレ、液晶ワレ。
2452
HDDは無いものの、HDDマウンタと2GBメモリ有り。Win7 Pro COAは可読出来るものの、裏面デカールは熱?カスレ?消えの酷使された感じ。
キーボードは、テカリがあるものの、黄ばみ欠品なし。

店頭で、外部モニターを使って動作確認したら、BIOSパスワード設定もなく、CPUがCore i5であることを確認。

この時点で、脳裏に移植計画が!!!
P772Fを買う→MBを外す→前回購入のBIOSパスワードP771DにMBを移植

再度、P772のUSB3.0端子部の破損が無いこと、載っているバッテリーがFPB0262なので6700mAの大容量を確認してGET!
2999円なら、BIOS解除依頼するより安いからこっちの方がイイかな?というのが理由。

問題なくMBが移植できれば、P771D改P772Fが作れる!
最悪、P771Dの液晶をP772Fへ移植しても構わないし。


時間が出来たら、コソコソしなければ!


GWにアキバで買ったJUNKノートlifebook P750 の3台、その内、1台がバッテリーが逝ってもーてて、充電もダメ。
3台とも、120GBのHDDゴチ後、win7→win10にして取りあえず完了。

3台とも売るつもりでいたけれど、1台、自分用にして、320GBのHDDへ載せ換えて、メモリを低電圧のDDR3L 4GB×2=8GBにして、無事認識。
lifebook P772F から外した内臓wifiのPCI miniユニットと他のノートから外したwifiアンテナを移植して、5GHz帯もOK

さて、残り2台のP750。。。
どちらも筐体にwifiスイッチがあるから、USBではなく内臓wifiにしておきたいけれど、PCI miniユニットは1つあるけれど、アンテナが無い。。。
運よく、ebayでアンテナ1セットを送料込みUS$1.30で落札したから、到着待ち。
これで1台分確保。

内臓wifiのPCI miniユニットとwifiアンテナセットとバッテリーが手に入らんかな???と。
理想は、同じP750のJUNKが手に入ればイイんだけれど、7月の連休に東京へ行ったついでにアキバへ寄ってきたけれど、思うようなJUNKというか、P750自体が見つからず、、、

先週、大須へ行ったら、P750は見つからず、win7 proのプロダクトキーが読めない蘇生出来るJUNKのlifebook R8290 でのを4千円ちょっとで見つけたけれど、ちと勿体ない。

P750とR8290は筐体がほぼ同じなので、パーツ類も共用出来る部分が多い。この際、R8290でもエエけど。。。と、思いながら、前にR8290のJUNKが置いてあった店へ寄ってみたら、まだ残ってたけれど、JUNK箱にはバッテリーが付いてない状態。
「液晶割れ、メモリ、HDD、ACなし」表記はあるけれど、内臓wifiユニットは残っているか???
ダメ元で、オバちゃんに聞いてみたら、付いてないと思って欲しいと言われ、悩む。。。
実際には、OSのプロダクトキー、キーボードを止めるアッパーカバーも無いです。ちなみに、ドライブレスタイプのR8290です。

まあまあの筐体とキーボードだけで1000円は高いなぁ、、、これなら、4千ちょっとのJUNKの方がイイかな???
405943

3724

お兄ちゃんの出勤時刻?
しばらくしてから、オバちゃんからお兄ちゃんに代わってた。
オバちゃんのことだから、適当なこと言うてた可能性、大やし、にーやんへ同じ質問ぶつけてみた!
そしたら、「それ、バッテリー外れるんで、、、」って、バッテリーを奥から出してきた。マジ???
「内臓wifiの確認します?手は出しませんけど、ドライバーをお貸しするのでバラします?」と、天から神の声が!
早速、ドライバーを借りて、バラしてみたら、内臓wifiユニットはっけーん!

即、これ、もらうわーーぁ

通電したら、液晶が割れてるからBIOSパスワードが表示されるのか確認は出来んかったけれど、一応、phoenixのBIOSらしき画面がチラ見できたから、多分、エエかな?と。
バッテリーは、富士通のバッテリーユーティリティでバッテリー情報を確認したら、記録として約200回充電されたことになってた。もち、充電もOK!逝ってるバッテリーと入替え完了。

内臓wifiのPCI miniユニットとwifiアンテナセットも外したから、移植するだけ。

wifiアンテナを外すときに、液晶パネルも外したけれど、その時まで、液晶のベゼルが割れてたことには気が付かんかった。





↑このページのトップヘ