我的時間 - 電脳編

「我的時間」から電脳スピンオフ! アキバ、日本橋、大須でJUNKを楽しみ、時にパーツを海外から取り寄せちゃうトーシロ系電脳人

Tag:lifebook

以前、買った状態の良いBIOSパスワード有りLifebook P771Dの2台の内、1台は、Lifebook P771D Core i3改P772F Core i5 Bluetooth仕様にスワップ改造したので、もう1台のBIOSパスワード有りLifebook P771D core i3があるので、密かに、UB3.0が付いているP772Eか、P772FのJUNKを探していたけれど、前回のように、3000円でお釣りが来るようなJUNKが見つからない。

焦ってるわけではなかったけれど、、、
ヤフオクは?という発想になるけれど、送料がかかるからねぇぇぇ

lifebook P770B、P771C、P771D系JUNKが増えてたことはありがたいけれど、同じようなJNUK状態のP771系より旧タイプのP770系の方が高くなってたり、不思議なJUNKがいくつかあって、
筐体がlifebook P770B、P771C、P771Dのいずれもよく似てるので、何度も機種を確認しつつ、漁ってたら、P771D Core i5 2999円とP772E Core i5 6999円を見つけた。
P772Eが欲しいけれど、メモリ4GB+SSD128GBで魅力だけれど、液晶割れ、ドライブなし、状態の汚さ、使用感を考えると、欲しいけれど、ちょっと高いかなぁぁぁ。メモリが2GB+2GBの場合もあるし。
P771Dは、バッテリーなし、落下破損、メモリ、HDDなし、DVDマルチあり、液晶割れは無さそう。しかし、ラベルに「酷い破損」と、、、
見る限り、なんじゃコレーーーーーーーぇ!!!!感は、、、無い。

P772FのJUNKを購入した金額もあるので、それとも考慮しながら、2台を並べて、、、
開店なんちゃら周年セールとやらで、JUNK品が安くなるだろうから、縁があれば、その時にP772Eを買うかな?ということで、結果は、P771Dをチョイス。

それがこれ
06 35 06

4814
右側は、液晶ベゼル、パームレストに破損はないけれど、左側は、液晶ベゼルの破損はないものの、パームレストに破損あり。
2441
右側の液晶ヒンジ部には破損はないけれど、左側の液晶ヒンジ部にlifebook P系お得意の破損あり。
5910
その部分をよーく見ると、コーナー部にワレがあって、キーボード側に破損による浮きがあり。
5138
キーボードの黄ばみ、液晶ワレもなくイイ感じ。
1532
バッテリー欠品の養生テープを剥がした下は、端子に破損なし。HDDの裏蓋外して、HDDマウンター、コネクター、端子破損なし。

2638
メモリを入れて、BIOS起動させて、液晶ドット抜けも見当たらず、USBからLINUX Mintブートさせて、wifi、キーボード入力も確認して問題なし!


とりあえず、今回は動作確認だけだけど、あとは、天板のシール残りを(つд⊂)ゴシゴシ
しないとねぇ。

で、よくよく考えてみると、このP771Dって、パームレストのパネルを付け替えるだけで終わり系の比較的状態良いPCだったてことじゃないかな?と思うんだけれど、、、

前回の予告しましたとおり、腰下ごっそり入替えlifebook P771D改P772Fを使って、キャノンのスキャナーWindows Vista (32bit版)までのドライバまでしかないCanoScan N1240UとWindows 7 (32bit版)までのドライバしかないCanoscan LiDE40を使えるようにするために、再びlifebook P771D改P772Fを改造する計画でございます。

前回、Linux mintで動作確認後、500GB HDDをオゴって、手持ちのP772Fの純正リカバリでwin7からwin10 pro 64bitへアップしました。win10のクリーンインストールでも良かったんだけど、確認したいこともあったので純正リカバリしました。(純正リカバリではwifiモジュール AC7260のドライバは無いのでwin7で運用の場合ドライバ要、ただし、win10へアップ、もしくは、クリーンインストールでドライバが当たります。)

と、ここまで書くと、「Canoscan N1240UとLide40はwin10 64bitで動作するんだぁ」と、、、動きません!←キッパリ

そこで、ここで必要になるのが、コレ
253652
部屋にあるパーツ箱を漁ってたら出てきました。
ベゼルなしで中国から取り寄せて、使わずにそのまま放置プレーをしていました。
見ての通り、HDDを載っけてドライブ入替えポンのパーツです。
前にアキバのGENOでlifebook S8390のドライブと思われるベゼル付きスリムマルチドライブを購入してあったので、ベゼル、ブラケットを付け替えて、lifebook P771D改P772Fに合わせてみたらイケそう。。。(ベゼルは、そのまま付かないので、本体側を加工)
HDDを何を入れるかに悩みました。本当は160GBを入れたかったけれど、手持ちにある予備が320GBか120GBしかない。しかも、120GBだけが東芝で、320GBはHGST。500GBもHGSTなので、HDD型番まで覚えるの面倒なので、とりあえず120GBをオゴり、11月のアキバで160GBを調達してから入れ替えることにしました。
240747
本体に120GBのHDDを組み込んでwin10 pro 32bitをクリーンインストール、必要なソフトもインストール(この時にCanoscan N1240Uのvista 32bit版とLide40のwin7 32bit版のドライバインストール済)してから、HDDを入れ替え。
本体に組み込んむとこんな感じ。下から見ると少し凹んで、上から見ると少し出っ張る感じ。まあ、許容範囲かな?と。実働には不都合ないので

2つのHDDを収めたlifebook P771D改P772Fを普通にポチっと起動!
532136
特にブートメニューが出ることもなく、普通にwin10 64bitが起動。当たり前といえば、当たり前だが、、、
2nd HDDはFドライブとして認識してます。Eドライブが500GBの方か、120GBの方か、どっちなんでしょ?あまり気にならなかったので、確認しなかったけれど

さて、今度は2nd HDDを起動させるために、F12をポチっと。
5455
TOSHIBAを選んで、スローなwin10 32bitがやっと、起・動・し・ま・し・た。。。
メモリ認識容量がこんなに違うと、こんなにスローなんでしょうか?
なんせ32bitって、XP以来なので、、、


さーて、お待たせいたしました!
本日のW主役の内、1台目の主役がこちら!
333843
ひゅーぅどんどん、ぱふぱふ
ハードオフで、USBコード無しJUNKのCanoScan N1240Uは、108円です!
108円のスキャナーが現役最新OS win10で使えたら、嬉しくない???
ヤフオク相場が上がる予感???ないナイ無い!

さて、動作確認状況は、こちら!
5006
どーですかーぁ!?画像撮れてるでしょ?
CanoScan toolbox4.1以外のソフトを使ってのスキャンはまだしていないのですが、多分、イケルかな???と。(クレーム不可でっせーぇ、自己責任

因みに、Canoscan N1240UはLinux mint 64bitで使っています。Forefox以外のブラウザを入れなければ、X Saneで普通に使えました。


大変、お待たせいたしました!
もう1台の主役の登場です!
注)皆さま、発狂しないように、お願いします!
212732
準備は、大丈夫ですか???もう1度!ひゅーぅどんどん、ぱふぱふ
この夏!ハードオフで、USBコード無しJUNKで購入したCanoScan LiDE40です!21円です!
なんと!このスキャナー、30% offの15円でした!!!
15円のJUNKスキャナー?ゴミだろ?動作中にガガーァってCanoscan特有の寿命音がするんだろ?と思われてる方、残念でした。まともに動きます!

それが、こちら!
173126
こちらも撮れてるでしょ?
CanoScan toolbox4.6以外のソフトを使ってのスキャンはまだしていないです。
もっとも、Canoscan LiDE40はCanoscan N1240Uの後継モデルなんで、まあ、イケルんちゃうかな?と。ホントかよーぉ(クレーム不可)

因みに、こちらもLinux mint 64bitで使っています。こちらは、Forefox以外のブラウザを入っていてもX Saneで普通に使えました。

それよりも、後継モデルCanoscan LiDE40よりも旧型のCanoscan N1240Uの方が高いって、どーゆうこと!?(謎)


@Canoscan N1240UとCanoscan LiDE40は、win10用のドライバをメーカーが提供・対応していません。一応、旧OS最終版32bitのドライバを使いwin10で動作することを確認しました。しかしながら、メーカーサポートをしていませんので、OS、他のシステムなど何らかの不都合が起きる可能性があることが考えられます。自己責任において、理解、対応出来る方のみ行って下さい。当方、または、メーカーさんへはクレーム不可ですよ。



今年の正月初売りに、大須の某ジャンクshopで、キーボード不良、AC無し税込み3000円で買った富士通 lifebook A561D
27
これです。
購入する時に、正直、悩みました。なぜなら、このA561Dは、セレロンB710が載ってる最下位モデルだったんです。。。

救いだったのは、HDD250GBにWin 7 pro 32bitがDtoDで入ってて、メモリ2GBが1枚入ってて、Win 7 pro COAシールの完読、液晶も問題なかったので、キーボードを入れ替えて予備PCにも出来るし、MBが上位モデルと共通だったのでCPU載せ替えも出来るかな?と。もしくは、バラしてパーツ取りにするかな?と。

@正直、このshopの初売りJUNKで、まぁ、安いかな?と思えたのはこのA561Dの1台だだったりする^^;

で、購入後、リカバリして、リカバリディスクを作って、中古のキーボードを入れ、特に使う用途もなかったので、ずーーーっと、放置プレイをしていました。

で、このA561D、最下位モデルだけあって、
3942
wifiスイッチは装備されているものの、デバイスマネージャ・ネットワークアダプターのドライバ一覧を見ての通りで、、、
つまり、エセwifiスイッチなんです!!!
と、言っても、PC底面にある型名とか製造番号とか記載されているシールを見れば、wifiのある表記がないから、wifiが内蔵されていないことが解るんですけどね。(BIOSが立ち上がれば、そこでも判るけど)
25
で、今回、Atheros AR5BHB116 (富士通純正 CP517754-01)の2.4/5GHz 2x2 a/b/g/n 300Mbpsのwifiモジュールが1個出てきたので、エセwifiスイッチからモノホンwifiスイッチにするためにA561Dへオゴみることに。
2951
サクッと、裏面のネジを外して、キーボードも外して、wifiモジュールを入るべき寝床へエスコート
4010
液晶を外して、なんかのノートPC(多分、lifebook)から外したアンテナを移植して、ポチっと、Win7を起動。

自動的にドライバがインストールされて、ネットワークアダプターでAR938Xで認識!
@Atheros AR5BHB116の場合は、AR938Xでドライバがインストールされます。

wifi接続確認して、本日終了。

そして、lifebook A561Dは、再び、放置プレイ段ボール箱行きになりました。







大阪の日本橋へ行った時にジャンクノートパソコンを漁っていたら、外装の程度の悪い、液晶ワレもあるlifebook P772Fを1台見つけた。
4651
価格は、税込み2999円
ジャンク理由の記載はなかったものの、見れば誰でも判る程度
0855
左側角落下ワレ、筐体変形。
2940
液晶ヒンジ左右ワレ、天板、裏面、塗装ハゲ。
2134
パームレストワレ、液晶ワレ。
2452
HDDは無いものの、HDDマウンタと2GBメモリ有り。Win7 Pro COAは可読出来るものの、裏面デカールは熱?カスレ?消えの酷使された感じ。
キーボードは、テカリがあるものの、黄ばみ欠品なし。

店頭で、外部モニターを使って動作確認したら、BIOSパスワード設定もなく、CPUがCore i5であることを確認。

この時点で、脳裏に移植計画が!!!
P772Fを買う→MBを外す→前回購入のBIOSパスワードP771DにMBを移植

再度、P772のUSB3.0端子部の破損が無いこと、載っているバッテリーがFPB0262なので6700mAの大容量を確認してGET!
2999円なら、BIOS解除依頼するより安いからこっちの方がイイかな?というのが理由。

問題なくMBが移植できれば、P771D改P772Fが作れる!
最悪、P771Dの液晶をP772Fへ移植しても構わないし。


時間が出来たら、コソコソしなければ!


Core 2 duo U9400が載ってる富士通Lifebook P750/AにHDDの640GB(Western DigitalのWD6400BPVT)+メモリ8GB+Windows10 pro 64bitで動かしているけれども、時々、カタツムリ感があって、SSDにするのもイイかな?と思いながらも、ボンビーなんで、SSDの値段で大きな容量のHDDが買えると思うと、どーも、SSDを買い行けない(;^_^A

ならば!linuxを入れてみる?
むかーーし、Red hatを使ってみようと思ったけれど、なんか使い勝手が自分の環境に合わなかったから止めた以来。
いろいろ調べてみると、昔のlinuxに比べて、かなり使いやすくなってるみたいなんで、その気になったという感覚。

で、そのlinuxが、問題で、、、何を入れる?
Ubuntu? Lubuntu? Kubuntu? Linux mint? どれがイイ???他にもあるが、、、(^_^;)
Ubuntuは、USB起動で動作確認用としては使ってたけれど、その程度で、それ以外に使っていない。
んーん、悩む。
仕方がないので、余っているHDDをノートに載せて、1つずつOSを入れて、ちょろっと触ってみたら、なんかLinux mintが自分の環境には使いやすそう。。。
そこで、また、困った。Linux mintにMATE、Cinnamon、 Xfceのほかに、KDEや LMDEとかもあるらしい。
そこで、MATE、Cinnamon、 Xfceを1つずつ入れて触ってみたら、MATE、Cinnamonが自分の環境に良さそう。


linux mintを入れても、設定とか、使いやすい環境にするには、自分で設定しなければならないわけで、ネットで調べながら設定しても、間違えなく忘れてしまうわけで、、、


って、ことで、linuxカテゴリーは、自分仕様の覚書にしようかな?と思います。


lifebook P750Aの電源ONして、鬼の様に、F12を連打連打連打連打連打
linux mintのDVDを入れたドライブからブートさせて、
34 35
ディスクトップにあるインストールのアイコンをダブルクリックでインストール開始
日本語設定、wifi設定
42 06
サードパーティー系ソフトもインストール設定
Windows10に上書きしないように別にインストール設定
57 02
パーティションの確認
17 01
所在地設定
48 21
キーボード設定、ネーム・パスワード設定してインストールGO
44 16
じゃーん!FINISH!再起動!
48 31
起動時、windows10とLinaux mintの選択画面で、そのまま放置プレーするとLinux mintが起動
20 33
パスワードを入れて、じゃじゃーん!Linux mint Cinnamonが起動です。
09 24
ログイン後、アップデートマネージャで、最新状態に。

昔のlinuxと違って、手持ちのスキャナーやプリンターも使えることも確認してるので、あれこれ自分仕様にカスタマイズのはじまりーぃ



PS
ちなみに、パソコン横好き系なので、パソコンのProfessionalというわけではないです!
もち、PC改造はするけれど、自作したこと無いです!キッパリ!
サクッと、どっちかというとビギナー系?いや、ライト系で誰でも出来そう???系で、やってみようかな?感じのパソコン好きなんで、出来る範囲でしかやらない。多少冒険するかも!?

そんなんなんで、難しい質問とかはしないで下さいませませ。

↑このページのトップヘ